スポンサード リンク



Yahoo!ニュースのコメントにプチ幻滅 中国人も結構読んでます?



日本では圧倒的な強さを誇るYahoo!。そのニュースサービスであるYahoo!ニュースは手軽に各新聞社のニュースを横断できるということもあり、利用されている方も多いかと思います。私もその一人です。

そんなYahoo!ニュースにコメント機能がついたのはいつからでしょうか。ここ2ヶ月ぐらいでしょうかね。

これまで、日本においては、“评论”することができるニュースサイトはIT系のサイトか比較的マイナーなメディアに限られていました。日経ビジネスオンラインなんかもできますが、これは厳密にはニュースサイトじゃないですよね。

海外では珍しくもないのですが、保守的な日本の新聞社は“互动”というのが苦手なようで、WEB事業に積極的な産経のニュースブログポータル「イザ!」でさえも、“引用通告”は受け付けてもコメント機能は設置していないぐらいですから。

そんな中で日本のWEBをリードするYahoo!が、ついにそのニュースサイトでコメント機能を設置したんですね。“划时代的”です。日本のWEB世界では……こんなレベルでも画期的になるのがちと寂しいですが……

それはそれとして、予想はしてましたが、中国系のニュースにたくさんの嫌中反中な方々のコメントがついています。私は2ちゃんねらーではないのでよくわからないのですが、2chはこんな感じなんでしょうか。たまに“链接”“搜索”なんかで引っかかって覗くだけなので想像の世界なのですが。

正直な感想ですが、はっきり言って“成见”と思い込みが先行したレベルの低いコメントも結構混じってますね。中国のニュースサイトの日本関連記事に大量に付く汚物系コメントに比べればまだマシかもしれませんが、それでもこのレベルでは中国人の民度を笑うことはできないでしょう。

日本語のわかる中国人がこのようなコメントを読んでいると思うと、日本人としてはちょっと恥ずかしいですね。

あと、少し気になったのが、いわゆる工作員(笑)か、それとも日本語がちょっとわかるただの反日チャイニーズかは知りませんが、中国人によるものと思われるコメントが結構たくさんついていて、しかも結構高い支持を集めているものがあることです。

コメントのレベルは低いんですけど、あとついでに日本語もかなり怪しいんですけど、なぜに支持が集まるのか。お得意の人海戦術を利用しているのか、あるいはプログラムを使用してコメントのランキングを吊り上げているのかは知りませんが。

毒ギョーザ事件の際、中国のニュースサイトで日本発のニュースを“散发”していた日本人も見かけましたが、ここまで広範且つ長期にわたっての活動ではありませんでした。

今旬なチベット騒乱関連ニュースから、祖国の国益を守ろうと“拼命”になっているのかもしれません。

いずれにせよ、コメントの質低すぎ。日経ビジネスオンラインに比べ読者層が広い分やむを得ないのかもしれませんが。

なんかみっともないので、コメントは別ページを開かせるとか、JavaScriptで折りたたみにするとかして、スクロールだけで目に入らないようにした方が良いような気がします。でもコメント機能は残して欲しい。そういう時代なのですから。

ちなみにですが、お互いの言語を書かせたら、日本人の中国語の方が中国人の日本語より圧倒的に上ですね。日本人にとって中国語の発音は難関ですが、コレさえ乗り越えてしまえば結構ラクなのです。特に中国語作文のレベルは欧米人のそれとは格違い。

一方で中国人に言わせると、日本語は勉強すればするほど難しく感じる言語らしいです。コメント文の質を見て今一度この事実を確認させていただきました。

スポンサード リンク

Amazon