スポンサード リンク



恐怖のATMとチベットカモシカ捏造写真と水不足&汚染と毛沢東ネタ……中国系ニュースまとめ(6)[2008年2月]



気が付いたらもう4月。2月分のニュースのまとめがまだ終わってないのに3月が終わってしまいました。3月は何かと忙しかったもんで、なかなか手が回りませんでした。(言い訳)。まぁ仕事ではないですからね。BLOGなんてものは気楽に構えないと続かないものなので。

三月末に駆け込みでいくつか書いたのですが、締め切りには間に合いませんでした。まぁ大きなネタは大体フォローできてると思いますが。

そんな訳で、もう一ヶ月以上前にネタになりますが、後日のためちょっぴり気になったニュースの残りを、2月分のまとめ最終稿としてざっくりとまとめて列挙しておきます。

まずは銀行・ATMネタ。ATMネタと言えばATMの故障に乗じて現金を下ろしまくって無期懲役になった男の話が連想されますが、こんなに頻発されると中国ではもうATMを使う気にはなりませんね。例えば……

「お取引額100兆元」ATM明細票に驚愕の数字!利用者は怖くて眠れず…―安徽省(Record China)

こんな話。ATMと言えば最近イギリスでも二倍のお金が出てきて行列ができたという話がありましたね。ちなみに日本では流れていませんでしたが、つい先日中国でまた2倍返しのATMが出現しています。もっとも今回は気付いた利用者がすぐに銀行に通報したみたいですが。無期懲役の威力はさすがです。

銀行つながりで行員のミスによる4倍返しのネタも2月に発生しています。

銀行のミスで給料4倍に 従業員「棚からぼた餅」(サーチナ)

個人が偽札掴まされても取り合ってもらえませんが、行員によるミスは遡及して訂正してもらえるみたいです。しかも半ば脅迫的に。銀行員は高給取りですから、そりゃやっかみの対象になりますわ。

これ以外では、例えば写真の捏造話で盛り上がっていましたね。

第2の「華南トラ」事件?今度は「チベットカモシカ」の捏造が発覚―中国(Record China)

チベットカモシカ。3月はチベット一色になっていますから、もしかしたら何らかの前触れだったのかもしれません。根拠ないけど。

ちなみに3月には再び「華南トラ」の捏造事件が起きています。それはまた3月分で。

あとは……こんなネタも。

なぜ、そこまで…!?群集心理で博物館を破壊、無料公開への市民殺到で―福建省(Record China)

民度と言ってしまえばそれで終わりなんですけどね。

まぁお役人さまだってこんなレベルですから……

入院患者を励まそう! プレゼントは賞味期限切れ(サーチナ・中国情報局)

どれだけリベートもらってたんでしょ。

あとは……これはもうデフォですから、わざわざ書く必要もないのかもしれませんが……

「中国湖北省、河川汚染で水道使用中止 20万人以上に影響」(イザ!)
長江支流の漢江が真っ赤に変色、取水停止で26万人以上が断水被害―湖北省(Record China)
「飲めない」「使えない」…赤く濁る川の水―湖北(サーチナ)
「湖が死んだ…」湖面に浮く魚の死骸に関係者絶句―海南省海口市(Record China)

水資源汚染。相変わらず汚しています。ただでさえ……

深刻な干ばつ被害、耕地11万平方キロに被害―中国(Record China)
河北省の大干害の実態明らかに、25万人の飲み水が足りない!―河北省(Record China)
新運河4月に通水、それでも「北京砂漠」解消は困難(サーチナ)

水足りないのに。大都市部は地下水使いまくってますけど、いつまでもつのかな。

エネルギー不足の次は水不足。穀物はすでに輸入が増えてますから、バーチャルウォーター換算すればもう水輸入大国になってるのかも。

最後にコレはネタ話ですが……

「毛沢東「女性余っている」1千万人派遣計画発覚」(イザ!)

我らが毛主席。ネタのデパートなお方です。

スポンサード リンク

Amazon