スポンサード リンク



「メイド喫茶 in 四川」 と「日本アニメ規制 on TV」……中国系ニュースまとめ(4)[2008年2月]



まさか……というべきか、ついに……というべきかわからないんですが、日本のサブカルが席巻する中国で、ついにメイド喫茶がオープンしちゃいました。しかも内地の成都で。

四川省:メイド喫茶が仮営業 日本語で「ご主人様」(サーチナ・中国情報局)

日本のサブカル強し。そんなこともあり……

中国が海外アニメ規制強化 夜4時間放映禁止(イザ!)
日本アニメは海賊版で見るしかない?!外国アニメ規制を再強化―中国(Record China)

当局は必死です(笑)。まぁ海賊版が溢れていますから、日本アニメを根絶することなんて不可能ですが。アニメに対する認識を当局が変えない限り中国アニメの興隆はあり得ません。中国国産アニメに必要なのは「規制」ではなく「自由」。

中国当局はどうしても「子供の教育」という観点からしかアニメを見ることができないようです。しかもわかりやすくて明確な形で理想を訴える……早い話お説教話にしならないんですね。

そこには日本のマンガ・アニメの興隆の根底にある「自由」はありません。これこそ中国のアニメ業界に最も必要とされるものなのですが、政治的に絶対に与えられないものでもあります。これこそ中国の悲哀でしょう。

ちなみに日本アニメの浸透と中国アニメの苦悩を知りたいのなら次の書籍がおすすめ。


中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす

スポンサード リンク

Amazon