スポンサード リンク



福田首相誕生へ……喜びを隠し切れない中国政府



福田さんが首相になりました。中国政府は喜びを隠しきれなかったようで、定例記者会見で「福田康夫先生」(中国語の「先生」は「さん」の意)なんて呼んじゃってる※みたいです。

あの「靖国に行く」と公言しなかった(行かないとも言ってませんが)一点だけで安部さんをあれだけ(必死に)持ち上げてきた中国政府ですから、きっぱりと「靖国には行かない」と言ってくれる福田首相は願ってもない人選だったでしょう。

何せ今や「靖国・歴史カード」は日本の持ち札。これを封印してもらえるのは、日中友好路線に転換した中国政府としてはまさに願ったりかなったり。

そんな訳で中国のマスコミは好感触一辺倒。核武装を否定していないから親中派ではないというどこか発想が思い切りズレている中国政府の専門家もいる※ようですが、主流派の意見ではないでしょう。

もっとも、中国にとって真の親中派とは心から中国の立場にたって物事を考えてくれるヨウヘイ君のような人間なんでしょうけど。残念ながら(笑)福田首相はそんなタイプではないような気がします。

何にせよ、安部さんですらあれだけ持ち上げることができた中国政府ですから、福田首相ならば現在の流れが変わることはありません。これが麻生さんだったら、たとえ靖国に行かないとしても、何気な一言がパブロフ系愛国ネットキッズたちを刺激してしまうので、中国政府が何かと苦労することになっていたのは目に見えていたのですが。

いずれにせよ、党大会を直近に控えた現政権としては最良の結果で終わった日本の政治的混乱。政局を把握しつつある胡温政権にとって追い風になるのは間違いないでしょう。

スポンサード リンク

Amazon