スポンサード リンク



公安の家庭訪問in中国北京



ドメイン変更でドタバタしている間に、年明けてしまっていましたね。いや、春節の話です。

相変わらずバクチクの音がうるさくて、閉口しましたよ。よくいえば賑やか……なんでしょうけど。あまりに音が大きくて、逃げ場が無いんです。静かな正月が恋しい。

で、春節ですが……こちらも毎年の如く。旅行なんて行きませんよ。

そんなこんなで元宵节も過ぎてはや3月。2月は怒涛の如く過ぎ去りましたね。元々短い上に、春節休みを挟みましたから。

さて、3月です。だからどうした、という訳でもありませんが。日本にいた頃は、花粉に悩まされていましたが、北京ではこの季節は大丈夫。でもなぜか6月の上旬から中旬にかけて、花粉症を発症するんです。何に反応しているんだろう。

それはまだ話として、今日、お巡りさんが来ました。ええ、公安とも言います。“两会”(全国人民代表大会と政协全国委员会の総称)が始まったので、治安対策として、おなじみの外国人家庭訪問をしているみたいです。

たしか、2009年ぐらいから始まったのかな。ウイグル問題が勃発してからだったような記憶が。以来、大きなイベントがあるときは、公安がこうやって家庭訪問するんです。

去年の建国60年イベントのときなんか、2ヶ月ぐらいの間に4回も来ましたからね。警官がオーバーワークで倒れるという話も理解できます。

今回はパスポートと宿泊登記の他に、写真撮影までされました。なんかますます徹底してきているような。正直、いい感じはしませんね。

スポンサード リンク

Amazon