スポンサード リンク



バブルと年の瀬 in 中国北京



年末ですね。中国にいると実感わきませんが。

日本は景気の二番底とかなんとかブルーな話題が多いようですが、こちらはバブルってます。車も売れまくり。

実は車の購入を考えているのですが、いざ比べてみると、割高ですねぇ、中国は。特に高級車。ボッタクリですよ。中国人の不満がよく分かりました。

日本はハイブリッドカーが人気のようですが、プリウスなんてこちらでは高すぎて比較検討の選択肢にも入りません。

来年の中国経済はバブル対策がメインテーマになりそうですが、外需は当面期待できないでしょうから、景気はバブルによる内需頼み。過度に締め付けるとアラエッサッサー♪な状態にある以上、本格的な締め付けには踏み込まないでしょうから、来年もバブリーな一年になりそうです。何せ不動産は今や中国経済を支える一大産業ですから。話によると、北京のGDPの60%が不動産業に依存しているそうで。いいのかなぁ。

バブルは成長ののりしろがある今のうちに潰しておいた方がいいんですけどね。このまま外需の不振が長期化すると、中国版バブル経済崩壊のシナリオに入ってしまいそうで……怖いですねぇ。個人的にはもうちょっと待ってほしい。2030年ぐらいまでが中国の黄金期であると計算しているので。

来年が良い年になればいいんだけど。

スポンサード リンク

Amazon