スポンサード リンク



根こそぎ横倒しになるマンション……もとい樹木 ~ 大暑の暴風雨 in中国北京



昨日……日付が変わっているからおとといか……は二十四節気の「大暑」でしたね。書いての如く一年で最も暑い時期とされるのですが、ここ数日は雨で妙に涼しくなってます。

昨日は大雨と暴風で団地の木がざっくりと折れたり、根こそぎ横倒しになったりしてました。危ないな。

まぁ、マンションが横倒しにならなかったんだからよしとしよう……

それはさておき、この時期に適度な雨があると、農作物がよく育つ、と言うみたいですが、どうなんでしょうかね。

日本は……といっても、地域によって相違はあると思いますが、本格的に暑くなるのは8月で、節気と多少時差があるような気がしますが、中国の、少なくとも北方地域は、大体節気通りの感覚で気候が変動していきます。毎年7月下旬から8月の初頭にかけての大暑の期間が最も蒸し暑くなりますから。

で、立秋が過ぎると、本当に涼しくなってくるんですね。特に朝晩が。やっぱり本場?というか、発祥の地ですから。3000年前も今も、気候の変動はそんなに変化はないということでしょうか。

考えてみれば、万年億年単位で見れば、3000年なんてたいした時間じゃないんですよね。中華四千年とか五千年とか言っても、地球の歴史から見えば産毛みたいなものか。

スポンサード リンク

Amazon